【TOEICスコアの上げ方 後編】TOEIC用英単語⇒文法⇒音読 3冊+スタディサプリでOK

Image by Gerd Altmann from Pixabay
Image by Gerd Altmann from Pixabay

今日のテーマは、【TOEICスコアの上げ方 後編】と題して
「TOEIC用英単語⇒文法⇒音読 3冊+スタディサプリでOK」
という内容で書きたいと思います。

テキストは最小限に。モチベーションと継続を最優先

テキストは最小限に絞りましょう。
どれも中途半端な状態だとモチベーションが激減します。
僕も「これでもか」という程のテキストを買いましたが、
最終的に「継続できたもの」だけ残して全部捨てました。
色々なブログやサイトを参考にしながら辿り着いた、ボリューム・質ともにオススメの本を紹介します。

英単語は「金のフレーズ」のみ。ひたすら音読

はい、これはもう鉄板ですね!
TEX加藤先生の「金のフレーズ」です。
「銀」も出てますが、やるなら「金」で行きましょう!

左ページが覚える単語と例文、右ページが説明です。
僕はこれをこのまま使わず、次の手順でやりました。

  1. 日本語訳の単語部分(赤フィルムで消える)をペンで上書き
  2. 覚える単語以外を緑ペンで塗る
  3. この状態でCDのスピードまでひたすら音読する。
  4. 赤フィルムを被せると、日本語が全文見えて英語が全部見えないので、この状態で音読

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと根性が必要ですが、こうすることで
「その単語の周辺ごとパッケージで覚える」ことができます。
かなりの高確率で、前後含めて「ほぼ」このまま本番で出てきます。
せっかくTOEIC本番で単語が出てきても、単発だとなかなか
思い出せないので、このやり方が効果的でした。


 

文法は「文法特急」のみ。ひたすら音読

はい、こちらも鉄板「文法特急」です。
これについても、そのままやるだけだと
覚えられないので、以下の方法で「音読本」に
変化させました。

  1. 右ページが問題なので一旦解く
  2. 正解不正解関係なく次ページ(左)を理解する
  3. 自分で分かるように前(右)ページにポイントを書く
  4. 書き終わった右ページをひたすら音読

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文法についても、パッケージで
リズムで叩き込んでいくイメージですね。


「金フレ「文法特急」「公式問題集」をひたすら音読

ここまでやって、ようやく「公式問題集」の登場です。
正直、僕には「公式」は合わないなと思ってました。
「本番同様」というのが萎えてしまうのと、説明が書いてあっても
それを理解できないレベルだったからです。

ところが、金フレと文法特急をある程度モノにした後に
読んでみたら、スッと入ってくる問題が増えてました。
なので、これも「解く」のではなく「音読」するテキストとして
とりあえず読み続けました。


 

音読に慣れたら「スタディサプリTOEIC」を並走させる

この3つのテキストに加え、スマホにスタディサプリTOEICを導入しました。

3つのテキストで大まかな単語と文法知識が入っていれば、

「神講義」がジワジワ&スッキリと入ってきます。

また、スマホでサクサク進めるのが素晴らしい。

これは月額が発生しますが、最後のブーストにはもってこいだと思います。

継続のコツ 「スキマ時間」 は存在しない

まず「スキマ」を探そう

青◎がスキマ確定緑〇がさらなるスキマ候補です。

時間 やること 所要時間 スキマ候補
6:30~7:30 起床・支度 1.0h ×
7:30~9:00 通勤 1.5h
9:00~12:00 仕事 3.0h ×
12:00~13:00 昼休み 1.0h
13:00~17:30 仕事 4.5h ×
17:30~20:00 残業 2.5h
20:00~21:30 帰宅 1.5h
21:30~22:00 風呂 0.5h ×
22:00~23:00 夕食 1.0h
23:00~24:00 TV・スマホ 1.0h
24:00~6:30 就寝 6.5h ×
  24.0h ◎:5.0h  〇:3.5h

全てをテキストでの訓練に置き換える

このスキマ候補ですが、今は何に使っているでしょうか?

通勤(行き帰り):寝てる or LINE or ゲーム or 音楽聴いてる
昼休み:同僚と外食 or 仕事しながら弁当
残業:ぐったり働く or 雑談
夕食:スマホしながら or テレビ見ながら or 家族と会話
TV・スマホ:このとおり

こんなかんじでしょうか。少し鬼のようなことを言ってしまうのですが、

全部英語のトレーニングに置き換えましょう。

以下は僕の一例です(テキストは都度ローテーションしてました)

 

 

 

 

Photo by Luis Reyes on Unsplash

 

通勤(行き帰り):金フレ
昼休み:ひとりカフェで文法特急 or 昼休みを取らないで仕事
残業:しない or 速攻で片付けてカフェで小声で音読
夕食:金フレ
TV・スマホ:公式音読 or スタディサプリ

これに加えて、1時間起きるのを前倒しして
会社の最寄り駅でカフェ or カラオケ音読
追加していました。

 

好きなことを「封印」する

誰でも、時間が出来たら思わずやっている

「好きなこと」があると思います。

・ゲーム
・映画やお笑い、YouTube鑑賞
・音楽鑑賞、演奏

などなど。 ここはグッとこらえて、封印しましょう。
僕は誘惑に負けそうなものや、ルーティンに
組み込んでいたものを「期間限定」で封印しました。

【700取れるまで封印】
・ギターをケースに入れて隠す
・ピアノ弾かない
・飲み会行かない
・テレビ観ない
・スポーツジム行かない

家族との会話や、生まれたばかりの赤ちゃんの世話など
削ると周囲へのダメージが大きいモノは削れないし
睡眠も、あまり削ってしまうと「継続」が出来なくなるので
1時間の早起きが実際問題としては限界です。

そうなると削れるのは「自分の余暇・趣味」しかありません。

運転免許証を取るための「教習所通い」も
かなり優先度は高かったはずですので
あのノリで、他の楽しいことを一時的に封印して
ガッツリ頑張りましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?
「できるわけないだろ!」と思われた方、
「これだけで500点近く上がるならいいかも」
思われた方もいるかもしれませんね。

でも、僕は実際に
超落ちこぼれから745点まで
この方法でやりました。

最後、650点⇒745点までもっていく際、
実際テキストに向き合うこと以外で
意識的にやったことがもう一つだけあります。

家族・同僚・友人にTOEIC特訓中であることを公言しました。

自分で自分の退路を断ってしまうので、ツライですが
これはメンタル面にかなり効果があったと思います。

公言すると、昼食や飲み会などが自然に減っていきます。
僕の場合は幸いなことに、応援してくれる人が多かったので
嫌味も言われず、「すごいね!がんばって」と言われ
ひとりランチも出来ましたし、回数が減った分、飲み会の質も上がりました。

もし、「付き合い悪い」「態度悪い」「感じ悪い」
言ってくる人ばかりだったら、TOEICスコアを狙うと同時に
環境(会社や付き合う人の種類)も同時に変えたほうがいい

かもしれません。あなたのやる気を吸収するタイプの人々かも。

僕は転職についても無駄に経験が多いので、そちらの記事も
是非読んでいただければ幸いです笑。

読んでいただき、ありがとうございました!

余談

TOEIC 745点は「英語ができる」とは程遠いです。
上の世界はもっとすごい。おそらく最難関のPART 7対策である
「多読」を徹底的にやれば、たぶん800超くらいは
行けるんじゃないかと思っています。

Image by PublicDomainPictures from Pixabay
Image by PublicDomainPictures from Pixabay

が、優先度の問題で、TOEIC向けの特訓は一旦「お休み」しています。

スタディサプリも、TOEICからビジネスに切り替え

今、連続103日というところです。

スタディサプリEnglish ビジネス英会話
今の僕のリアル課題は、会話力とインド英語です。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です