【オンライン英会話比較】最終的にオススメするのは結局DMM英会話

Photo by Jessicah Hast on Unsplash
Photo by Jessicah Hast on Unsplash

 

 

こんばんは、YASUです。

以前このブログで、「スクール英会話vsオンライン英会話」という記事を書いたことがありますが、今回は「オンライン英会話って結局どこがいいの?」というテーマになります。

僕はこれまで4つのオンライン英会話スクールに入会したことがあるので、僕が感じた中での感想と最終的にDMMを推す理由について書いていきたいと思います。
全て「1日1回25分」というコースでの体験談ですので、ご承知おきください!

4つのオンライン英会話レビュー

 

レアジョブ英会話

料金

5,800円です。まあ、平均的ですね。

よかったこと

先生の質ですが、どちらかというと真面目な先生が多かったです。

ある程度自分のことが話せると会話が続くんですが、僕がレアジョブに入会したころは全く会話できないレベルだったので、割と「しーん・・・」となってしまうことが結構ありました笑。

あと、小さなメリットですが、レッスン予約をすると、Googleのカレンダーに勝手にスケジュールが入ってくれます。次の日の予約を取ったらすぐカレンダーに反映されるのはありがたかったです。

残念だったこと

レッスンで使う教材がちょっと微妙でした(今劇的に改善されてるかもしれないので、あくまで個人的な感想です)。

どうもリアリティが無いというか、オチがキレイに決まらないというか・・・自分の理解力はさておき、「今日のレッスンはコレが重要ポイント」というのがイマイチ分かりづらかったですね。

Bizmates

料金

12,000円です。 高っ!!

高いですが、高いのには理由がありました。。

よかったこと

先生の質、テキストの質、総じてレッスンの密度が、ダントツ1位です。特にビジネス。

僕はもともと英語が全然ダメで、英語が全然ダメでもなんとか生きていける環境だったことが逆にイヤになったので、「英語を使わないと生きていけない環境」に変えて(転職して)、強引に底辺レベルの会話力を身につけたタイプなのですが、オンライン英会話なのに、3ヶ月通ったことがあるスクール型の英会話と同等レベルの品質を保ち続けていますね。

レッスンが難しい、というわけではないんです。こちらのレベルに合わせながらも「少し成長したかも」と思わせてくれるレッスン。本当にすごい品質です。

残念だったこと

高い! これに尽きます!!

だって他のオンライン英会話スクール2ヵ月ぶんですよ。。

僕が体験した4つの中で間違いなく最高品質であることは認めますが、「2倍」というのは・・涙。

英会話スクールレベル(要は生身の人間同士)の達成感に近付けたい方、自分に対して2倍の投資をして、最高に充実した25分にしたい方には、良いと思います。

「価値観」ですね。。

クラウティ

料金

4,500円です。

ぶっちゃけ、メチャクチャ安いと思います。

大手のなせる価格設定でしょう。

よかったこと

まずは価格ですよね。安い。

でも一番スゴイところは価格ではありません。

なんと「1日1回」の権利を、「家族と分け合えてしまう」んです。

平日は奥さんと子供、土日は自分みたいな感じで。

3人とか4人がかりで、毎日レッスンやり倒して、4,500円です。価格破壊・・!?

何より、「レッスン権利をシェアする」という斬新な考え方が素晴らしいです。

残念だったこと

予約が取れない!!

コロナウィルス関係なく、その前からマジで予約取れなかったです。

しかも先生のスケジュールが分刻みで変わるということで、ずっとスマホをポチポチ更新して

奇跡的に「予約可」と出ても、予約確定までたどり着けずに「予約できませんでした」と・・・。

もちろん平日の昼間とか、土曜の午前?とか、穴場の時間帯はあるようなのですが、社会に出た成人男性がレッスンできる時間というのは、それはもう大人気なワケですよ。全然取れませんでした。

取れなかった分の権利が別の日に使えるわけではない(要するに消滅)というのも痛かったです。

あと、先生の質は、ちょっとバラつきが酷い気がしました。

暗い先生、バイトみたいなノリの先生・・・もちろん学研さんの厳しい審査をクリアした先生達なのですが、

「運よく予約出来て運よくいい先生に当たれば超ラッキー」

という状態が毎日続く(正確には予約できない日が多いから毎日続かない)というのは、僕にとっては逆にストレスでした。

新しいことをやる、特に英語にチャレンジするなんて勇気の必要な話で、予約できないなどのちょっとしたトラブルが起きると、一瞬にしてモチベが底辺まで落ちますよね。

とはいえ、日々改善を進められているとのことですので、今後に期待です。

2020年7月現在、僕は「入会⇒予約できなかったので休会⇒改善されたというから再入会⇒でもやっぱり狙った時間帯は壊滅レベルで予約できなかったので再度休会中」という状態です。

今後劇的に改善され、家族が英語に目覚める年齢・時期になったら、本気で再々入会を考えています。

DMM英会話

料金

6,480円 ですね。

昔は5,000円だった気がしますが・・・DMMに限らず、どこのスクールも上昇傾向です。

よかったこと

価格がそこそこリーズナブル

先生が多いから、条件を多少譲れば、予約できないということはまず無い

先生が基本的に明るい。悪ノリではなく、気持ちの良い「海外の方の明るさ」です。

残念だったこと

残念!というほどの残念アイテムが有りません。

もちろん、ビジネスに特化したら、先生も教材もbizmateの勝ちです。

でも、DMMの倍のお金がかかります。

もちろん、家族でやりたければクラウティが一番安いです。

でも、これを書いている時点では、マトモに予約が取れません。

となるとレアジョブとの一騎打ちになるのですが、「先生が色々細かく選べる」「パソコン・スマホの画面が使いやすい」という点を考慮するとDMMだなと思います。

 

まとめ

結局「なんでオンライン英会話やりたいのか」という目的によって1位は変動します。当然。

でも、

・まったく喋れないけどやってみたい

・旅行で使うくらいの会話が出来るようになりたい

・仕事で使わなければならなくなった

・英語を武器にお金を稼げるようになりたい

と、様々な目的・レベルに対応できる「はじめてのオンライン英会話」ということなら、DMMで間違いない気がします。僕が体験した限り、ほかの3校は一長一短がスゴすぎるので、「良くも悪くも無難」な線をひたすら磨いているDMMは、「大ハズレ」しないという理由で、オススメですね。

ネイティブプラン について

今回ご紹介したスクールにも用意されている、

「ネイティブ講師が選べる!ネイティブプラン」

ですが、英語にチャレンジしてみたい方や、ビジネスで最低限の会話が必要になった方には、個人的には要らないんじゃないかなと思います。

僕がお仕事でご一緒させて頂いているみなさんは、全員ネイティブじゃないからです笑。

ドイツ人・トルコ人・インド人・中国人・・・とにかく発音も人によってハチャメチャです。その代わり、僕のカタカナ英語でも理解してくれますし、お互いに母国語を引っ込めて英語で話しているので、発音そこまで気にしていない感じです。

もうバリバリに英語話しまくるハイレベルな方で、「英語を忘れないように毎日軽くしゃべっておきたい」という方や、ネイティブと毎日会話しなければならない方は、ネイティブプランがバッチリかと思いますが、ネイティブプランは毎月の料金が2~2.5倍くらいですからね。。それだけ出すなら、駅前行って生身の外国の方と話せるスクール型に行かれた方がよいのでは?と思ってしまいます笑。

 

いずれにせよ、「目で追う英文・耳に聞こえてくる英文」と、「口から出す英単語・それを拾う自分の耳」はまったくの別物ですので、やっておいて損は無いなと自分で思っています。

「飲み会2回分」くらいの金額でチャレンジできるDMMが良いのではないかなと思います。

1ヵ月単位でスマホから休会&再入会できますので、気楽に続けられます笑。

最後までお読みいただきありがとうございました!


Photo by Alexander Schimmeck on Unsplash